ドローンのレースに出場する方法

まずは、日本選考会…そして世界大会

ゴーグル等でドローンから送られてくる映像を見ながら操作することをFPV(First Person View)といいます。

先日、日本でも行われたFPVレース選考会は、賞金総額100万ドルという高額賞金で世界に衝撃を与えたドバイで開催されるドローンレースのためのものでした。

FPVレース

それだけにドローンとは言え、チーム制レースで、1チーム最低4名で編成(パイロット、ナビゲーター、技術者、ピットクルー、チームリーダー)。サブのパイロット1名までの可能はOKで、各チームは本戦までにチームを編成し必ずスポンサーを付けるというように条件も本格的!

レース参加の条件

FPVレースに参加するには、ゴーグルや小型モニターでドローンから送られてくる映像を受信出来るドローンと、当然のことながら、その画面を見ながら操作出来る技術が必要となります。

日本で5.6〜5.8GHz帯のFPVを使用するには、第4級以上のアマチュア無線技士の資格が必要です。ライセンスの取得には、国家試験の受験か、各地で開催されるアマチュア無線技士の養成を目的とした「養成課程講習会」を受講し、無線局を開局する必要があります。


必要な資格を取得し、申請をして、ルールを全て理解した上でないと参加できません。中途半端な気持ちではやっていけない真剣勝負の世界です。

”決意”と”夢”をもって取り組んで下さい!








日本国内のイベント

日本におけるドローンレースの開催は、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)が主催しています。

開催場所は国内の様々な地域ですが、時期としては新春から初夏にかけてが多いようです。

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」